Jリート・ファンドの種類とパフォーマンス

東証リート指数とJリート・ファンド

最近は、投資の世界においてJリートが注目されていますから、Jリートを投資対象としている投資信託であるJリート・ファンドは、有望な投資先であると考えられるでしょう。そこで、ここではJリート・ファンドのいくつかの種類について考えていくことにしましょう。まず、Jリート・ファンドは東証のJリートの銘柄に投資をする投資信託ですから、東証リート指数が上昇を続けているならば、基本的にパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

アクティブ型のJリート・ファンド

つまり、インデックス型のJリート・ファンドであれば、東証リート指数に連動したパフォーマンスになるはずですし、アクティブ型のJリート・ファンドであれば、もともと東証リート指数を上回るパフォーマンスを出すために銘柄を選定しているファンドなのですから、よほどまずい銘柄選択をして裏目に出ているのでなければ、東証リート指数と同等かそれ以上のパフォーマンスをあげているはずです。それでは、Jリート・ファンドであれば全てプラスの運用成績なのでしょうか?

外貨建てのJリート・ファンド

残念ながら、そうではないと言えるでしょう。すなわち、Jリート・ファンドのなかには、外国の高い金利を利用して運用収益を高めるために、外国通貨で運用をするというタイプのものも存在しています。例えば、ブラジルレアル・トルコリラ・豪ドル・米ドルなどの通貨で運用をするというタイプの商品です。このようなJリート・ファンドの場合には、直近の円高がマイナス要因となっており、トータルでもJリート運用のプラスを相殺してマイナスとなっているものもあります。

j リートのファンドとは投資家から集めた資金を不動産に投資して、その収益を投資家に分配する仕組みのことです。