相続税の相談をする相手!その税理士という職とは

税理士についてよく理解すること

税理士というのは、国家資格になります。はっきりいって、相当に難しい資格であり、極めて高いレベルの人材として雇ってもらうことができます。当然ですが、やることは税務であり、それによって、高い報酬をもらえます。働くところですが、税理士事務所であることもありますし、企業に税務担当として雇われる場合もあります。とにかく自分にとってメリットがある企業にするべきです。そうすることによって、待遇がよくなりますし、また、キャリア的にもメリットがあります。つまりは、税理士といっても色々と方向性があるわけですから、注意をするべきであるといえます。

相続税に特化した税理士に

相続税の手続きや対策が得意、という税理士は意外と多くいます。それは悪いことではなく、むしろ、信用できることであるといえます。そもそも税理士というのは、他人の求めに応じて、税金に関するいくらかの業務を行なうことができます。この他人の求めに応じて、ということが実は相当に大事なところであり、生業にできるわけです。具体的にいいますと税務代理と税務書類の作成、更に税務相談ができるようになります。業務としてそれができるわけです。

相続税の対策方法として

よく税理士が勧める対策方法としては、贈与をしたり、土地があるならば経営をすることです。これならばかなり評価額を下げて相続させることができるようになります。贈与に関しては非課税枠がありますから、それを確実に使うことです。結構な金額の財産があるとしても、月に110万円という非課税枠でも何十年も前からやっていますとかなりの額の資金以上ができるようになります。ですから、それこそ生まれた子供にその年から行うことを勧める場合もあります。

相続税の税理士に相談することで、素人では理解しにくい相続税について詳しく把握でき、自分の状況に合わせたアドバイスも期待できます。