信用取引を上手に利用して大きな利益を目指す!

そもそも信用取引って何ですか?

信用取引とは、投資の一つの方法です。例えば、日本で最も有名でポピュラーな投資と言えば、株式取引を思い浮かべる方も多いと思います。この株式取引を例に挙げると、ある銘柄に投資するために必要な資金が100万円だとして、現金100万円を支払ってその銘柄に投資する事を、株式の現物取引と言います。逆に、投資に必要な資金が100万円なのに対して、30万円を担保に預け入れて100万円の投資銘柄を購入することを株式の信用取引といいます。

信用取引はハイリスクハイリターンです

信用取引は、現物取引に比べてハイリスクハイリターンだといえます。それは預け入れた金額よりも大きな額の取引が出来るためです。少額の金額で大きな額を動かせますので、短期的に大きな利益が狙えます。また、信用取引は、株式取引だけではなくいくつかの種類があり、為替の証拠金取引や、商品先物取引での信用取引も有名です。特に外国為替証拠金取引は、平日であれば24時間取引可能ということもあり、主婦や会社員にも人気の取引です。

大きな利益も大きな損もあります

信用取引の最大の魅力は、小さな金額で大きな金額を動かせる取引の為、短期的に大きな利益を得られる可能性があることです。特に、大きな値動きのある銘柄に投資すれば、より短期的に大きな利益が狙えるのです。しかし、リターンがあればリスクはつき物。もちろん、予想した値動きが逆に動けば、大きな損が短期的にでてしまいます。ただ、為替証拠金取引や商品先物取引には、ロスカットルールがあり、預け入れてある以上の損が出ない仕組みになっています。

信用取引のメリットとは、相手からの信用を得ることで掛売りなどの支払いをすぐにしなくとも物品の購入を行うことができることにあります。