借金が返済できなくて限界!そんなときは自己破産も検討しましょう

元本を返さないと借金は減りません

消費者金融などで借金した場合、利息が高く設定されているのでなかなか完済に至りません。逆に当初よりも借金が増えている場合もあります。これは、弁済した時に手数料、利息、元本の順に充当されることによるものです。利息の部分だけを払っている限り借金は減りません。むしろ元本に利息が付いて増えていきます。さらに、返済を滞ると利息が元本に組み入れられるので借金が雪だるま式に膨れ上がりますよ。こうなったらいくら返済を続けても借金生活から抜け出せなくなります。

借金生活から抜け出す方法

完済が困難な場合、借金生活から抜け出すためには個人再生や自己破産を裁判所に申し立てる必要があります。個人再生を選択すると借金を大幅に減額した上で返済を続けることになります。引き続き借金の返済をする必要があるので定収入がないと申し立ては認められません。自己破産の場合は借金は完全になくなります。その代わりに車や家などの財産は原則として処分しなければなりません。どちらの方法も自分で申し立てることも可能ですが、書類をたくさん裁判所に提出しなければなりません。弁護士に依頼したほうが確実でしょう。

弁護士費用はどうする?

借金の返済に追われていて弁護士費用が払えないという人もいるかもしれません。そんなときは借金の返済に充てるお金を弁護士費用に回しましょう。依頼を受けた弁護士が消費者金融に手紙を送ると借金の催促がぴたりと止まるので平穏な生活を取り戻せます。また、法律事務所によっては分割払いを受け付けています。こういったところならば比較的無理なく弁護士費用を払えるでしょう。そのまま借金の返済を続けていてもどうにもなりません。思い切って弁護士に相談したほうが良いですよ。

白川勝彦法律事務所は債務整理の自己破産の裁判所に提出する書類関係の作成や指導を行ってくれる法律事務所です。